2011年07月18日

ヤッター!なでしこジャパン

スゴイッ!
サッカーの女子ワールドカップドイツ大会は7月17日(日本時間7月18日)、日本がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝!
年齢制限のないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤が通算5得点で得点王&MVPに輝きました。
ワールドカップという、世界最高峰での優勝ですから、もうこれ以上はありません。レンホウが何言おうが、「世界一、一番」です。
日本女子サッカーは、世界ランキングでも4位でしたし、これまでの戦いからも、世界トップクラスであることは、日本国民であれば周知の事実でしたが、本当に、こういう最高の舞台で、栄冠を獲得できるのというのは、技術もさることながら、それ以外の何かも持ち合わせていたのだと思います。
アスリートの世界では、女性の強さが圧倒的に目立ちます。
例えば女子マラソン、フィギュアスケート、水泳、ゴルフ、柔道、レスリング、・・・。
恐らく、日本でも戦後の高成長期を経て、少しずつ裕福になっていくにつれて、それまでの男性一辺倒の社会から、女性の社会進出・参画の機会が増えていく、そういった背景の中で、相対的に男性と女性の力関係が変わってきたのかも知れません。
アスリート以外の分野でも、早くそうなって欲しいものです。

しかし、今回のワールドカップの戦いは、決して平坦なものでは有りませんでした。その中で、印象的だったのは、澤選手が「後半、体力の消耗が激しくて、折れそうになった」とコメントしていた試合が有りましたが、この「折れそうになる」とき、なったときに、男性と何か違った、気持ちの持ち様、切り替え方があるような気がします。
「あきらめない気持ち」とか、良く言いますが、その「あきらめない気持ち」の何かが違うのかも知れません。
決勝の戦いでいえば、あの、過去の対戦成績「0勝24杯」でのアメリカの先制点。しかも、開始直後から、猛攻を受け、ギリギリ凌いでいるなかでの、先制点。
普通なら、この時点で「ああ、やっぱり」となってしまいます、しかも後半。でも、ここから、攻め上がる気持ち、しかも、捨て身ではなく冷静に。これで、最後は、宮間が技術で押し込み同点。
延長になって、今度は最も警戒する「ワンバックのヘッド」での勝ち越し点、もう万事休すと思いきや、全くあきらめることなく、へこたれることもなく、守りも攻めも、ドンドン、試合の流れでは、もうどちらも決めることは難しい状況。
監督の指示がどうだったか、選手の意思がどうだったかは、知る由もありませんが、流れでは決まらない中、得意のセットプレーのワンチャンスを、高度な技術で決めるという、実に美しい澤の同点ゴール。
もう、この時点でPKの流れは決まったのかも知れません。

折れそうになった時に、気持ちだけではない、技術だけでもない、でも決して「あきらめない姿勢」。
なでしこジャパンのワールドカップ優勝は、東日本大震災で苦しむ日本全体に、間違いなく勇気を与えてくれる快挙です。
っで、どっかのソウリ「あきらめない姿勢」マネしないように、お願いしますヨ。みんな、待っているのですから。
【日記の最新記事】
posted by セバスチャン at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
流石ですね。試合の分析が鋭いので、本日、飲み会で同席した岩槻開発メンバーに所長のブログを見るように伝えました。先制点を取られた後でも冷静に流れを作ろうとする姿勢が素晴らしいですね。

Posted by 三宅ちゃん at 2011年07月20日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46819025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック