2011年06月24日

大宮南銀は熱い

ここ2、3日は真夏並みの日が続いていますが、今日の埼玉県熊谷市、またも記録更新です。39.8度、6月の最高気温を二十年ぶりに更新したそうです。これまでの記録は1991年の静岡市で38.3度ということですから、またまた、東電の電力に換算すると、(39.8-38.3)*170万kw=255万KW。
それでも、東電管内は、4400万kw程度に納まっていますから、節電対策は相当に浸透しているようです。
その埼玉県、今日は、久々に大宮南銀に所長が元勤務していた会社関係者が集まりました。元々、事業所が埼玉県岩槻市にあったことから、当時から、繰り出すのは、殆ど大宮南銀。
現在は、事業所は横浜へ移転し参加者もそれぞれの途をという感じで、幹事さんも横浜在住ですが、やはり集まるとなると「大宮南銀」、わざわざ、湘南新宿線で大宮まで駆けつけてくれました。
大宮駅東口の南側一帯が「南銀座」と呼ばれる地帯で、皆さん「南銀」と呼びます。駅前から南へ延びる「南銀座通り」を中心として、大宮中央通り、旧中山道、JRの線路に囲まれた、大宮区大門町1丁目、仲町1丁目、下町1丁目が区域になります。地名に「銀座」がつくと、何だかALL WAYSぽくって、いい感じ。

昔ながらの狭い路地に小規模な店舗やテナントビル、駅近くにはカラオケやゲームセンターが並んで若者が多く集まり、駅から離れるほどに飲食店が多くなります。夕刻を過ぎるとチェーン居酒屋の呼び込みで通りがあふれますが、景気によっては、混雑したり、閑散としたりを繰り返し、少しずつ、若者中心の街並みに変化しているように思えます。

その南銀に集まった、元関係者、そのまま横浜で勤務しているメンバーと、違った環境で働いているメンバーが略半々で、年齢も若い人と年配では倍くらい離れていますが、ワイワイと楽しい限りです。
実は、メンバーの半分くらいは、震災後は初めて集まった人もいて、所長としては、少し心配だったのですが、全員元気にやっていました。
所長も、震災後は初めての南銀でしたが、金曜日ということもあり、これまで通り、うだるような暑さのなか南銀はどの店も満席状態。
これからは、益々暑くなりますが、南銀はアフター4でパワー全開の予感。
【日記の最新記事】
posted by セバスチャン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46334483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック