2011年05月26日

きたなトラン

とんねるずの「きたなトラン」は、店の外見、更には内装も「きたない」けど「うまい」レストランの紹介番組。
まあ、「うまい」だけではなく、なんだか「ものすごい盛り付け」なんかもあります。
実は、弊所のすぐ近く「店名」を書くと「タイトルが微妙」なだけに「匿名」で、スミマセンが、目白通りと明治通りが立体交差する「千歳橋」を超えたところに、まさに「きたなトラン」があります。ジャンルは上海系中華料理。
このレストランが入るマンションが、とっても古いので、一見「ヤバい」感じがしますが、場所的には千歳橋際で、都電荒川線が雑司ヶ谷から学習院下へ一気に下降していく真上に位置し、写真家のカメラスポットでもあります。内部は決して「きたなトラン」ではありません。

まあ、たしかに外見は「きたなトラン」ですが、店内は意外と綺麗で、雰囲気もあります。都電側の窓際に座ると、真下に荒川線を見ることができますし、入り口側は、目白通りに面して、ひっきりなしに「本女」のオネーサンが通ります。

お勧めのメニューは「担担麺」。ご飯モノもありますが、メニュートップが「担担麺」ですし、通りにも「担担麺」のノボリが。当然、担担麺を注文して、ランチ時フリーのアイスコーヒーを飲んで待っていると、ひき肉のいい香りがやってきます。
コクのあるごまダレをベースに、パクチーとにんにくの芽で風味にアクセントを加え、ひき肉で旨味を増幅させてる感じです。このパクチーがポイントでしょうね。

担担麺としては、「やや辛味が不足気味」と感じる方がいるかも知れませんが、所長はこれくらいが丁度良いと思います、スープもかなり頂けますし。
それでも、そこはやはり「担担麺」、食べながら「じわーっと汗」がでてきますし、食べ終えた後は「デザート」が欲しくなります。
ということで、食後「絶望 杏仁豆腐」を注文。絶望という形容詞が気になり注文したわけですが、「とっても濃厚」な杏仁豆腐でした。ランチ時はデザート半額というのもうれしいサービスです。

弊所も「期間限定 手数料半額!」というサービス企画しますか。.
【日記の最新記事】
posted by セバスチャン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45507942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック