2011年01月31日

インターネットバンキング

最近では、すっかりポピュラーになったインターネットバンキング。
所長、○○銀行の口座、このネットバンキングハシリの時代から使っています。
自宅のPCで口座確認、振込と簡単にできることから、大変便利です。
一方、セキュリティに関しては、銀行口座ですから色々とウルサイのですが、銀行によってカタイ、ユルイがあります。複数の銀行でネットバンキングやってますが、今日は、ひょんなことから、そのカタイやつで、違うPCから)操作。
これやると、IDを入れても、本人確認を訊いてきます。
「はじめて買った車は?」
憶えているわけありません。適当に入力、ダメ。次の候補、ダメ。となると、あれだっ!ということで、×××と入力。
ジャーン、ネットバンキングロックです。3回連続間違い、シマッタ。

サポートへ電話すると、オバサンが出て、「大変申し訳ありません、ご面倒ですが、いまからご説明する手続きを、今一度お願い致します」
ここまでは、至って低姿勢。「本人確認のために、○○ダイレクトのカードを準備してください」
「では、音声に従って、電話の操作をお願いします」
えっ、音声ガイダンスなの?、じゃあ、あなたは何のために?

ということで、音声の指示に従って、いくつかの操作終了。
「ご本人の確認ができました。では、登録されていた、全てのキーワードを抹消します。一時間後、再度ネットバンキングから入って頂いて、登録をやり直して下さいっ」

本人確認しといて、全部やり直しとは。

一時間後、「初めて買った車は?」「初めて行ったコンサートは?」「好きな食べ物は?」・・・弁理士ですから条文暗記は得意といっても、こんなの覚えられるわけがない。
【日記の最新記事】
posted by セバスチャン at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43122382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック