2011年11月04日

文章作成術−その1

弁理士業をやっていると、やはりコア業務は特許出願です。この特許出願の前段として、出願書類の作成があり、発明の内容、技術の内容を「文章」で表現する必要があります。
出願書類は、願書、明細書、特許請求の範囲、要約書、必要な図面の5種類の書類から構成されています。このなかで、最も文章量が多いのは「明細書」、特に一字一句気を遣うのが「特許請求の範囲」になります。
また、特許出願は「日本語による」と規定されていますから、「日本語の文章作成術」は大変重要です。
一方、特許明細書は「回りくどくて、読みづらい」という定評があります。その「読みづらい」明細書であっても、「権利範囲」を解釈するときに「参酌」されますから、日本語として、読みやすく、明確に記載することが基本です。
そのときに、出てくるのが「読点」。
続きを読む
posted by セバスチャン at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記