2011年08月22日

二匹目のドジョウ

今年の夏も、8月18日の猛暑日をピークにして、一気に秋の天候になってきました。結局、東電管内では、昨年のピークから1000万kwも低い電力需要で節電の夏も終了。
ということで、今度は冬場の危機演出が始まりかけた感じです。
電力業界関係者のコメントとして「昨冬のピーク需要は2月14日に記録した5150万kw。原発の再稼働がなければ、今冬に安定供給に必要な供給力を確保するのは難しく、何らかの需要制限が必要になるかもしれない」。
ただ、電力不足を奇貨とする人は、電力業界関係者に限りません。
もう、デパートやホームセンターでは、早くも冬物商戦が始まっています。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記