2011年08月16日

お金で買えるもの

グーグルがモトローラを買収する話は、かなり大きなニュースです。買収額は125億ドル(約9600億円)で、グーグルとしては過去最大規模の買収案件でしょう。グーグルはOS「アンドロイド」で急激にシェア拡大していますが、いかんせん歴史が浅く、保有特許がライバルに比べて圧倒的に少ない状況。このままでは、これからのスマホ戦争を勝ち抜くことはできないでしょう。一方、モトローラは、IT企業としては、80年以上の歴史をもっており、半導体、通信関連のリーディングカンパニーでした。所長も、「帝国事務機」でレーザプリンタの黎明期からその開発に携わってきましたが、モトローラの68チップを積んだ高速コントローラのことは良く憶えています。
また、インテルのCISCに対してモトローラのRISCであるPowerPCは、皮肉にも当時のAppleのMacを支えていました。そのモトローラが、Appleとのスマホ戦争でモトローラ買収です。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記