2011年07月19日

ガソリン車の逆襲はTNP

「1リットルで30キロ ダイハツが新低燃費技術「イース」の概要を発表(産経)」という記事。
ダイハツの今日7月19日発表の新型軽自動車は低燃費技術「e:S(イース)」を搭載し、燃焼効率を従来の「10・15モード」よりも厳しい新燃費基準「JC08モード」で、30km/Lを達成したということです。
また10.15モードでは32km/Lに達する見込みで、HVを除くガソリン車では最高レベルの燃費性能を持つということです。
低燃費技術「e:S(イース)」は、圧縮比率向上と燃料噴射装置改良で燃焼効率を高めた新エンジンと、ブレーキをかけて車速が7km/h以下になると自動的にエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」機能とを組み合わせ、これに車両重量の軽量化、空気抵抗の低減などを通じ、燃費性能を大幅に向上させたらしい。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記