2011年07月02日

お掃除ルンバ

福島第1原発3号機の原子炉建屋で、ロボットを使った放射性物質の除去作業が始まり、詳しい数値は公表されていませんが、今日の作業後は放射線量の数値が下がったようです。建屋の床には放射性物質が付着した砂やがれきが落ちており、計器などの復旧作業が滞っているため、ロボットに掃除機を持たせ、遠隔操作で砂などを吸い取るというアイデアです。
米iRobot社の車型ロボット「ウォーリアー君」と、真空掃除機を組み合わせたものです。アームで最大100sの物を持ち上げることができ、この「ウォーリアー君」自身が250sということですから、中々の能力です。
この「ウォーリアー君」の建屋内での活躍が、ニュース映像で流れていなしたが、雄姿を撮影しているのが、恐らく同じ米iRobot社製の「バックボット君」と思われます。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記