2011年07月26日

燃料電池

あれだけ騒がれた今夏の電力不足も、産業部門、業務部門、家庭部門の節電対策で、東電のピーク供給力を大幅に下回る水準で推移しています。先週7月21日の6号台風が去ったあとは、従来のような「猛暑日」はありません。
気象庁の1週間単位での気温予想でも、ピークは梅雨明けからの1週間でしたから、今夏の電力需要のピークは越えたのかも知れません。
そういった中、「電力不安で人気…家庭用燃料電池、補助金底つく(日経)」なる記事が目にとまりました。
家庭用燃料電池の普及促進を目的とした国の補助金の今年度分が早くも予算の上限に達し、昨年度より約6割多い8000台分を今月上旬で使い切ったということです。燃料電池は電力不安を背景に関心が高まっているが、割安の新型機でも270万円程度と相当な価格です。これに対して補助金は1台105万円。差引、165万円で家庭に燃料電池が設置できるということですから、採算はどうかわかりませんが、100万前後の蓄電池が売れた今の日本ですから、なるほどという感じです。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月24日

全体制御+アルファ

昨夜、中国浙江省で起きた高速鉄道の衝突・脱線事故は、威信をかけて高速鉄道網を整備してきた中国政府にとって大きな痛手とあることは必至です。
先月来話題になった特許出願は恐らくハードウェア、物の発明が中心と思われます。それに対して、今回の衝突・脱線事故は、中国内でもかねてから不安視されていた運行・安全管理システムの問題です。高速鉄道の輸出を視野に入れていた中国の国家戦略に大きく影響することでしょう。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月19日

ガソリン車の逆襲はTNP

「1リットルで30キロ ダイハツが新低燃費技術「イース」の概要を発表(産経)」という記事。
ダイハツの今日7月19日発表の新型軽自動車は低燃費技術「e:S(イース)」を搭載し、燃焼効率を従来の「10・15モード」よりも厳しい新燃費基準「JC08モード」で、30km/Lを達成したということです。
また10.15モードでは32km/Lに達する見込みで、HVを除くガソリン車では最高レベルの燃費性能を持つということです。
低燃費技術「e:S(イース)」は、圧縮比率向上と燃料噴射装置改良で燃焼効率を高めた新エンジンと、ブレーキをかけて車速が7km/h以下になると自動的にエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」機能とを組み合わせ、これに車両重量の軽量化、空気抵抗の低減などを通じ、燃費性能を大幅に向上させたらしい。
続きを読む
posted by セバスチャン at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記