2011年05月04日

集中から分散へ

経済がグローバル化してからのキーワードの一つが「集中と選択」でした。
いまから10年位前は、カイシャの経営方針でも必ずといって良いほど使われていました。
時代の空気というものがあり、○○党をぶっ壊すと叫んだ首相の時代には、これが更に社会の色々な部分にまで浸透し、いわゆる地方の「シャッター通り商店街」なるものも出現しました。続きを読む
posted by セバスチャン at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記