2011年03月08日

ネットは匿名ではありませんっ

先週は、京都大学の二次試験の最中、リアルタイムで試験問題がYahoo知恵袋に投稿された問題で騒いだ一週間。
特に、一部マスコミの下世話で興味本位の報道が際立った一週間、日本の世相の劣化が気になった一週間でした。
この問題、受験生の逮捕劇、しかも黒ラミネーションの警察車両での移送中継と、何か凶悪犯の逮捕劇みたいな騒動。続きを読む
posted by セバスチャン at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月07日

知財は儲かる商売?

はじめに断っておきますが、このタイトル日本の弁理士、いや、もっと正確にいうと所長のことでは有りません。
今や、新興国の話題が出ない日は無いくらい、経済は新興国中心に回っています。
この流れが加速定着したのは、2008年秋のリーマンショックがキッカケと思われます。
2009年春が、恐らく一番の底でそこから如何に早く抜け出るか、抜け出るネタは新興国でのビジネスでした。
この新興国ブーム、知財の世界もそういう雰囲気です。「これからは、日本で特許取ったって何の役にも立たない、これからは中国だっ」という流れ。続きを読む
posted by セバスチャン at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月06日

これからはスマート

最近、やたらと「スマート」なる語が溢れています。
スマートという語、「賢い」という意味で使われています。
先鞭をつけたのは、スマートグリッドだったように記憶しています。双方向通信機能を備えた、電力メータやガスメータ、水道メータが社会に張り巡らされ、遠隔で管理ができるというインフラです。
昨年からはケータイもAppleのiPhone以来、「スマートフォン」略して「スマホ」ばかり。
所長は「ラクホ」つまりらくらくフォンです、機能は通話とメールとカメラ位ですが、表示がデカイところが売りです。まったくスマートではありません。続きを読む
posted by セバスチャン at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記