2010年12月24日

かつお菜発見

今日は金曜日のイブとあって人出が凄かったですね、銀端も給料日で長蛇の列。
そのイブの日に、お雑煮の話。
このお雑煮は、本当に地域色があります。所長は長崎出身ですが、北部九州一帯でのお雑煮に不可欠のもの、それは、かつお菜です。
ちぢみホウレン草の親分みたいで、いかにも九州っぽい外見です。
これをゆがいて、シイタケ、ニンジン、かまぼこ、鶏肉、それに丸もちと一緒に頂きます。
もともと、かつお菜は「カツオっぽい味」が出ることから、その名がついたとか。
続きを読む
posted by セバスチャン at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記